障がい者総合支援サービスとは?

 

障害者総合支援法に基づき、障がいがある方が住み慣れた地域で安心して日常生活や社会生活が営めるよう、総合的に支援するサービスです。

平成254月から、障害者自立支援法が障害者総合支援法に変更されました。この改正に伴い、難病患者等(政令で定める130疾患で一定の障がいのある方)についても支援の対象となります。

 

対象となるお客様

・身体・知的または精神の障がいのある方で、障がい福祉サービスの

  受給者証の交付がお済みの方。

 

・これまで症状の変動などにより身体障害者手帳の取得ができなかった方で、                                                         政令で定める対象疾患に罹患している方。

障がい者福祉サービス

心身に何らかの障がいを持つ方を対象とした在宅介護サービスです

 

障がいのある方が自立した日常生活または社会生活を営むことができるように、有資格のヘルパーがお伺いし、生活のお手伝いをさせていただきます。障がい福祉サービスの内容は「身体介護」や「家事援助」、「外出支援(同行援護サービス、移動支援サービス)」です。

行動援護サービスもやっておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

保険外(自費)サービス

保険外(自費)サービス

 

例えば、庭の手入れやご家族の食事の準備、日常の買い物、ペットの散歩など、介護保険等では対応できないご要望にも有資格のヘルパーが自宅にお伺いし、お手伝いさせていただきます。柔軟な対応で、お客様の毎日をもっと便利で快適にするサービスです。